静寂・・・作業の折り返し地点

2018.2 JR西日本 山陰本線 雪が降り積もる北近畿、降り続く雪が鉄路を阻もうとする中、次世代を担うラッセル車により除雪されていた。折り返し地点である駅に到着したラッセル車は帰路に向けて出発を待つ。普段は終列車も終わり、次に日に向けて留置されてる車両を共に静まり返った駅だが、この日は構内照明も点灯され夜行列車が走っていた頃の静寂感が蘇った情景となった。しかし、除雪の甲斐なくこの日は鳥取からの1番列車と...

パウダースノーを掻き分けて

2018.1 JR北海道 石北本線 しんしんと積雪する北国は毎日のように降雪し、鉄路を阻もうとしている。鉄路を守る守護神は毎日のように雪掻きに勤しみ、極寒な気温も負けず走る。冬の天候は気紛れで、時折晴れ間も見せる時もある。本日は降雪も止み背後に薄く陽差し、パウダースノーを掻き分ける姿が何時に無く神々しく見える。力強く雪を掻き分け迫り来る姿に冬の守護神の凄さを感じる事が出来た。...

急峻な渓谷に囲まれた奥大井

2016.1 大井川鉄道 井川線 静岡の奥地に急峻な地形に囲まれた寸又峡、斜面も強く川が穿入蛇行しており、それは山の奥地と感じさせる風景が広がる。途中のアプト区間は高低差もあり、2条のレールとは別に歯軌条があり、歯車の力により急勾配を登って行く。長島ダムを背に、蛇行する大井川沿いを走るトロッコ列車は今日も山を上がり降りに勤しんでいた。...

房総半島を行く

2017.1 JR東日本 外房線 千葉の外海に沿うて走る外房線、ゴツゴツした岩場が多く、何処と無く紀伊半島にも似ている。晴れた冬の空は、風も冷たく波は少し荒れ目・・・ザバーンと岩場に打ち寄せる飛沫が荒海な趣がある。そんな中、青い客車を牽引した赤い機関車が通り過ぎてゆく・・・...

開運号

2018.1 近畿日本鉄道 南大阪線 毎年三が日に走る近鉄の開運号、2012年にラビットカラーに復刻された編成が毎年充当されており、今年で6年続けて充当されている。目まぐるしい天候の中、今年の撮影に対する開運を求めて挑んでみた。葛城の山から見る南河内の街を始め、数々の古墳群、奥には大阪の街並み、更に大阪湾や淡路国が望むことが出来る。しかし、時間と共にそんな眺望も北からの寒気が迫り視界が無くなりつつある。通過...

除雪

2015.1 JR西日本 木次線 雪に閉ざされた奥出雲、深々と雪が降り積もり木々は雪の衣を纏っている。夜明け前から走り出した除雪列車は山を降りてくる時は夜も開けているが、降り止まない雪との戦いが続く。やがて雪に埋もれかかった二条の軌道を掻き分けて迫ってくる!...

初詣

2016.1 阪堺電気軌道 阪堺線 初詣客で賑わう住吉大社、阪堺線が走る道路は三が日間は自動車が進入出来なくなる。住吉停留場では沢山の初詣客に対応すべく、臨時の停留場が設けられる。晴れの元旦、初詣客の乗降に勤しむ古豪の電車は、住吉公園を横目に走り行くのであった。...

走り行く煙を見ながら・・・郷愁の旅列車

2016.12 真岡鉄道 真岡線 関東平野も陽が落ち行く頃、青空が広がる物の冬の季節は寒さも感じつつある。やがて、汽笛を響かせながら列車は近づいてきた。小さな機関車が勢い良く煙吐き、力強く近づいてくる!眼前を通り過ぎると、綺麗な煙をなびかせながら走り行く姿は鉄道の旅の旅情を漂わせる郷愁の姿であった。...
まとめ